繰り上げ返済をするべき?どれだけお得になるのか考えよう

毎月の返済額をどれくらい減らせるか

住宅ローンを利用するとき、借入額と金利、そして返済期間が決まります。これらから毎月の返済額を算出します。返済額を決めてから返済期間を計算するときもあります。どちらにしても最初に決めて、そのルールで返済をしていきます。商品によっては繰り上げ返済ができるので、余裕があるときに多めに返済ができます。返済額軽減型では、返済期間はそのままに据え置いて毎月の返済額を減らせます。繰り上げ返済した額にもよりますが、残高が多い時はあまり多く減ったと感じないかもしれません。通常10万円支払い部分で100万円繰り上げ返済したからびっくりするほど毎月の額は減りません。ある程度返済が進んでいるときは、かなり金額を減らせるときもあります。

今の生活を優先か将来のゆとりを取るか

借入商品を利用すると、自分の資産以上の資産を手に入れられます。しかし借入利息が必要になります。住宅ローンでは大金を長く返済するので、利息もかなりの金額になります。それを覚悟して利用しなければいけません。ある時に臨時収入として一定のまとまったお金が手に入るとします。この時それを使って繰り上げ返済をするか、そのまま貯蓄などに充てるかを考えます。繰り上げ返済で期間短縮型を選べば、もちろんそのお金は無くなります。でも将来に支払う分が減ります。将来のゆとりが得られます。一方、貯蓄にしておけばいろいろな用途に使えます。生活費だけでなく余暇などにも使えるかもしれません。どちらの生活を優先するかを考えた方がいいでしょう。