住宅ローンで減税のメリットを受けるには?

税制の条件に合った住宅選びとローン設定

あまり景気の状態が良くないときから、いろいろな税制の優遇措置が取られています。その一つが住宅ローン減税です。住宅ローンの残高に対して一定の割合をかけた金額を、支払う所得税から控除できる制度です。3千万円の残があれば30万円ほど控除できるケースがあり、所得税を大きく減らせます。住宅を住宅ローンを利用して購入すれば一応適用されますが、どんな住宅でも良いわけではなく、ローン商品の選び方にも注意しないといけません。住宅にしてもローン商品にしても条件を満たさないといけないので、該当するかどうかを確認しておきましょう。住宅ローンにおいては、10年未満の期間のローンだと対象外になってしまいます。10年以上で契約する必要があります。

1年目は確定申告しないといけない

サラリーマンは、所得税は源泉徴収と年末調整で終えられます。つまりは確定申告が不要です。確定申告は、通常は税務署などに行く必要があり、サラリーマンがしようとすると会社を休む必要があります。税金が戻ってくるといわれてもしていない人もいたようです。住宅ローン減税は、2年目以降は年末調整で行えます。しかし1年目のみ確定申告をしないといけないので、手続きを忘れないようにしましょう。手続き自体は決して難しいわけではなく、源泉徴収票と住宅ローンに関する書類を持参して記入して提出するだけです。1年目はローン残高も多いので、かなりの還付を受けられるはずです。2年目以降は書類が郵送されるので、年末調整時に提出すれば受けられます。